タネのたね

30代メカエンジニア。ファッションと育児・家事の隙間ブログ。

3つ折り財布のホワイトハウスコックスとワイルドスワンズのエイジング(経年変化)を比較

スポンサーリンク

スポンサーリンク

かれこれ10年以上、3つ折り財布を使い続けている。

なぜ3つ折りかと言うと、2つ折りだとあまりデザインに差が無い。

また面積が小さい分、カード類により厚みが増す。

逆に長財布だと尻ポケットから相当はみ出すのでなんか嫌。

なので、間を取ってサイズ感の丁度良い3つ折りを選んでいる。

そんな3つ折り財布のエイジングを、次期候補探しを兼ねて紹介するよ。

ホワイトハウスコックス

今僕が使っているのもココ。

詳細は別記事で書いているんだけど、5年使ったのにまだまだ状態が良い。

www.taneda.info

結構ネットの評価だと、縫製が雑とか質が低いとか書いてあるんだけど、そんなに言われる程悪くない。

たぶん革製品が超好きで詳しい人か、もっと良いのを使っている人が言ってるだけなんじゃないかな。

あと僕の調査不足だったんだけど、買ったやつはホースハイドと呼ばれる革で、あんまりエイジングによって艶が出るとかは無いかも。

ちなみに僕のは5年でこんな感じ。

f:id:tanedatan:20190110220151j:plain

で、こっちが代理店HPのもの。

f:id:tanedatan:20190114111012j:plain

f:id:tanedatan:20190114215506j:plain

出典:https://www.frame.jp/

 

こちらはブライドルレザーのエイジングで、写真の撮り方もあるだろうが、なかなかカッコいいではないか。

黒いのはかなり使い込んでるね。

ホースハイドよりブライドルレザーを選んだほうが、味が出るのかも。

お値段は、

ホースハイド:4万円

ブライドルレザー:4.2万円

あれ?僕が買ったとき4万もしたかな?

ワイルドスワンズ

次の本命と言ってもいいブランド。

名前はあんまりだけど、実物はカッコいい。

チラ見しただけでも欲しくなった。

欲しくなったついでにHPに行ってみると、こちらも購入者のエイジングレビューがあって、何これカッコいい。

f:id:tanedatan:20190113231741j:plain

f:id:tanedatan:20190114215443j:plain

出典:https://www.wildswans.jp

 

2点留めで、内部構造は札・小銭入れとカード入れ。

今使っているホワイトハウスコックスとほぼ同じなので、ワイルドスワンズに乗り換えても違和感なし!

お値段は、やはり革の種類によって違う

ベルギー牛革 (サドルプルアップ):4万円

アメリカ馬革(シェルコードバン):6.6万円

伊勢丹別注:7万円

安くないのでしっかり考えて選びたいが、コードバンいいなぁ。

スポンサーリンク