タネのたね

30代メカエンジニア。ファッションと育児・家事の隙間ブログ。

フィリップスの替刃が高かったので、自力で切れ味を復活させてみた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎朝の日課であるひげ剃り。

そこで欠かせないシェーバーなのだが、僕はフィリップスのものを使っています。

すでに廃盤ですが、丸い刃が3つある形のこんなの。

Amazonランキングでも上位に位置しオススメ。

僕のも切れ味バツグンで最高だったのに、だんだんと悪くなってきた。

説明書によれば約2年で刃を交換とのことで過去に一度交換した。

あれから更に2年。

ちょうどいい頃だったので、さっそくAmazonでポチろうとして思い出した。

替刃が高いことを!

本体が8000円位だったと思うが、替刃が5500円。

そのパターンね。

替刃でがっつり儲けるか、もうちょっと出させて新品買わせるか。

ただ残念なことに?4年くらい使ったのにバッテリーがまだまだ元気だし、どこも壊れる様子がない。

なんて優秀な設計だろうか。

買替えて捨てるのはもったいない。

でも替刃は高い。

互換性の替刃はないのか

Amazonとか楽天とか見たけど、フィリップス純正以外に使えそうなものが見当たらない。

結構特殊な形状しているから、仕方ないか。

f:id:tanedatan:20190202230621j:plain

こんなの簡単に作れないよ。

そこで次の対応を検討。

この刃、研げるんじゃない?

刃の面がフラットなので、研げるんじゃないかと。

貧乏くさいと思われそうだが、物を大事にする精神てことでトライ。

なんてったって僕は機械系の仕事をやっているので、製品解析にファインカッターで真っ二つにして、研磨機で磨くのは朝飯前。

ただ家に研磨機はないので、今回用意したのはこちら。

紙やすり!

番手が荒いとお肌にダメージを受けそうなので、近所のホームセンターで一番細かい2000番を買ってきた。

1枚80円なり。

これで切れ味が復活したら、替刃5500円が80円で済むわけですよ。

さっそく水を付けながら研いでいく。

f:id:tanedatan:20190202230649j:plain

加減がわからないので適当に。

効果がすごかった!

研ぐ前:ウィーン

研いだ後:ギュィィィィイン

明らかに音が違う。

髭剃りの切れ味も明らかに復活!

またしばらく使える様になったということでした。

フィリップスは僕の弱い肌にもほとんどダメージを与えることなく使えるので良いですよ。

スポンサーリンク