たねだログ

30代メカエンジニア。残業と育児・家事の隙間ブログ。

MENU

ホワイトハウスコックスの3つ折り財布 S7660 を5年使ってみたので感想やら評価。

ホワイトハウスコックスとは、イギリスのレザーブランド。

1993年に主力である不朽の名作、3つ折り財布が誕生したとされている。

今回はこの3つ折り財布を約5年使ってみたので使い勝手とかエイジングを紹介。

3つ折り財布の種類

3つ折り財布は同じ形でも、ブライドルレザー・ホースハイド・カーフといくつか革の種類がある。

僕が今使っているのは、当時なんとなく買い替えようと3つ折りの予算3万位を条件に、下調べもせず伊勢丹で買ったもの。

ホースハイドと呼ばれる馬革を使用したもので、しなやかな手触りとマットな光沢感が特徴。

f:id:tanedatan:20190106213809j:plain

ブライドルレザーの様に固くピカッと光沢感があるものとは違ってしっとり。

やはり革なので爪を立てれば傷が付くけど、ちょっと指で擦れば目立たなくなる感じ。

結構雑な扱いをしているけれど、財布はそれ位の方が気を使わなくていいね。

カラーバリエーションも豊富で、僕が使っているブラウンやブラックの他、ネイビー・レッド・キャメル・パープルなど、革の種類によるけど選択肢が多い!  

使い勝手もいい

カード・小銭は出しやすい

見開きで5枚のカードと小銭入れ。

f:id:tanedatan:20190106214130j:plain

1ポケットにカードを何枚も突っ込むと革が伸びて緩くなってしまうので注意。これはホワイトハウスコックスに限った事ではなく、革なので仕方ない。

カードは他にも2ヶ所入れられるが、小銭を出す時の向きで落下する可能性もあるので、全部は使っていない。

そもそもカード類は減らしたいので、小銭入れの裏に入れてる6 枚位で十分。

f:id:tanedatan:20190106214235j:plain

また小銭入れの容量もちょうど良く設計されている。

1つ残念なところは、札入れが深い。

そこが大きめの物も入る良いところなのかもしれないが、札やレシートを入れる際に、すでに入っている札に引っかかりやすい。

f:id:tanedatan:20190106214318j:plain

ちなみに小型の3つ折りもあるので、それなら引っ掛かりは少なそう。

(その分カード入れが縮小) 

エイジング(経年変化)

革製品が好きなくせに、正直なところ5年間クリーム塗ったりなんて手入れは全くしていません(汗)

しかし意外にも状態がいい!

だから特に手入れの必要性を感じなくて(言い訳)

元々いい革を使っているのだろうか。

手が油っぽいのだろうか。

尻ポケットに入れることが多いので、座った時の角へのダメージは多少見られるけど、まだまだ余裕。

f:id:tanedatan:20190106214511j:plain

カードだったり、留め具の擦れる所は跡がついている。

全体的に革自体はあまりエイジングした感はないかな。

割と多くの店で扱っている

買いに行った時はホワイトハウスコックスってなんか聞いたことあるなぁ程度だったものの、よく見るとアローズとかセレクトショップのショーケースで良く見かける。

財布の定番みたいな位置付けなのかな。

まとめ

前の財布も3つ折りで、同じような形を探してたどり着いたホワイトハウスコックス。

取扱が多いので個性的!って感じはないけれど、使いやすいおかげで5年程使っている。

しかも壊れる様子がないので、まだしばらくは継続で。

次に買い替えるとしたら、コードバンもいいなぁ。

スポンサーリンク