たねだログ

アラサー機械設計士の記録です。

MENU

人が見る手書き書類は丁寧に書こう!苦手ならペン字講座でも練習帳でもやって欲しい。

こんばんは。たねです。

最近、人の手書きの書類やらレポートを見る際に、ふと思いました。

「結構、字が汚い人多いな・・・」

f:id:tanedatan:20180604221221j:plain

字が汚い書類は見る気が薄れる

別に個人の手帳とかなら本人が読めればいいんですよ。僕も手帳はメモ感覚で書いてるので汚いです。

それでもうちの会社はまだ電子化が不完全で、手書き書類のものもあります。自分の名前位ならそこそこ綺麗に書けるかもしれませんが、文章となると一気にクオリティが下がる気がします。

他にも、打合せの議事録だとどうでしょう?その場で書いて、サインを貰う場合もあるかと思います。そこで字が汚い議事録をお客さんに見てもらうのは少々恥ずかしい。

仮に仕事の出来が同じ2人がいたとしたら、字が汚いよりも綺麗な方がいいですよね。

書いてある文字を解読する時間が無駄

書いてる側からすれば丁寧に書くのに時間がかかるのはわかりますよ。でもそれが読む側にしても同じで、読むのに時間がかかるんです。結局どうしても読めない字は、書いた人を呼んで聞く。本人不在で急ぎなら、近くの人に解読させる。この時間って結構もったいないです。

綺麗に書く意識を!

人に読んでもらう気持ちを忘れずに、ゆっくり丁寧に筆圧強めで書くことが重要。その練習ができるのが通信講座なのです。

おすすめ講座

ペン字講座でお勧めできるのは2つ

www.gakubun.net

www.u-can.co.jp

市販のテキストもおすすめ

「講座を申し込む程、やる気ないよー」って人は下記のテキストを参考にしてみて。値段も500円~1000円位でたくさんあります。

スポンサーリンク