たねだログ

アラサー機械設計士の記録です。

MENU

JTBオプショナルツアー③ ダイヤモンドヘッドハイキングとハウツリーラナイのエッグベネディクト

タイトルが長い。最後3つ目に申し込みしたツアーがこれ。

例によってオプショナルツアーの集合場所へ行くのですが、朝早い。5:30集合て。

ハワイに来てまでこんなに早起きするとは。。。

5分前位に到着したのに、集合時間を過ぎてもなかなか来ないので、もしかして置いて行かれた?と不安になる。そして15分程遅れてお迎えが着て、バスに乗り込むとすでに乗客が。どうやらいくつか経由して来たみたい。

ダイヤモンドヘッドハイキング

しばらくバスに揺られていると、ダイヤモンドヘッドの看板を過ぎたあたりでバスの長蛇の列。ここで一旦降りる様に指示があり、日本人ガイドが説明をしてくれたが、簡単に言うと時間までに乗ってきたバスに戻れってこと。

f:id:tanedatan:20170625094639j:plain

往復約1時間かかり、降りてきたら登頂証明書と写真撮影してあげるから遅れるなよと念押し。 再びバスに戻り、ハイキングコース入口まで行き、登り始める。

与えられた時間は約1時間20分。

 

最初は舗装された道でスイスイ登っていた。なんだ楽じゃん。

f:id:tanedatan:20170625094815j:plain

と思っていたら、徐々に道が狭くなり傾斜も出てきた。薄暗いトンネルを超え、じんわりと汗をかき始めた頃、止めを刺すかの様な階段登場。

f:id:tanedatan:20170625094904j:plain

階段を超えると、無事頂上に到着。

大混雑の中、ガイドブックで見る景色を眺める。

f:id:tanedatan:20170625095254j:plain

ある程度写真を撮って帰路に着くわけだが、ここまで結構さくさく登って約30分。帰り30分としてもあまりゆっくりはできない。

 

来たルートを戻り下山後、登頂証明書と写真撮影を行い、バスの前で待つ。下山が遅れた別のバスの人は、写真を撮ってもらえずバスに乗せられていました。

ハイツリーラナイのエッグベネディクト

ここから朝食会場に向け出発。

ハイツリーラナイについて何も下調べしていなかったのだが、カイマナビーチホテルの中にあるレストランだった。目の前にはビーチが広がるオープンテラスの様。

f:id:tanedatan:20170625095343j:plain

まだ朝早いのにもう空席待ちの人いるし。我々はツアーだったので待たずに入店。 f:id:tanedatan:20170625095406j:plain

思ったより狭いしテーブルの間隔が近いなぁと思い案内された席は、案の定相席。全員日本人だったけどイメージとしては結婚披露宴の狭めの8人掛けテーブル。特に注文する訳でもなく、コーヒーサービスとエッグベネディクト登場。

f:id:tanedatan:20170625095430j:plain

イングリッシュマフィンとベーコンとポーチドエッグのあれですよ。

上からオランデーズソースがたっぷり。このソースはバター・卵黄・レモン汁などで作られるらしいが、なんとも言えない味。全く説明になっていないが、うまいうまい。

付け合わせはポテトとオレンジで、朝から相当おなか一杯。

 

尚、今回料金はツアーに含まれていたが、通常に頼むと値段16ドル程。コーヒーも入れたら、日本円で2,000円相当となり、なんて豪華な朝食なのでしょう。これもハワイだから許されるのでしょう。

 

ここでも時間までに店を出て帰りのバスを待ちます。 帰りのバスも同じ座席が空いていて、前後の人も同じ。バスの乗客がほぼ日本人だったからか、日本人の性格が表れていた気がする。

スポンサーリンク