たねだログ

アラサー機械設計士の記録です。

MENU

JTBオプショナルツアー② セグウェイ

パラセイルに続いてセグウェイのオプショナルツアーについてご紹介。

 

f:id:tanedatan:20170617135845j:plain

セグウェイとは?

電動の立ち乗り2輪車で、車輪にはそれぞれサーボモーターが内蔵されている。ユーザーは車輪の間のプレートに立って操縦するのだが、体重移動により内部のジャイロセンサーが姿勢情報を検知し、車輪のモーターを制御するものである。手を添えるハンドルはあるが、ブレーキなどはなく、体重移動によって加速・減速を行う。

体験

こちらも例によって日本で予約。

 

30分のイントロツアーと2時間のがっつり散策ツアーの2種類があったけど、時間の都合でイントロツアーを選択。30分だとちょこっと乗って終わりかな程度に考えていた。

と言うことで、まずはセグウェイショップに向かう。場所は、ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパの中にあり、ABCストアを横切ってすぐでした。

店内は陽気な人しかいない状態。おそらくハワイ旅行で出会った中で一番陽気。

免責事項にサインすると、スタッフの方がヘルメットを持ってきてくれた。いろんな柄があり我々はレインボーな柄。隣の参加者はスイカ柄でした。

服装としては、Tシャツ短パンのハワイスタイルで、靴はスニーカーの方が安全かもしてなけど、サンダルの人もいたので、あまり気にしないでも大丈夫でそう。実際、足は乗っかているだけで、特に踏んだりする操作も無いし。

 

準備ができたところで、まずは店内で操作説明&練習。他の参加者がいる中で一人ずつ、いきなり乗ってみる感じで少し緊張。右回り・左回り・前進・停止を何度か繰り返し、全員終わったところで、外へ。

f:id:tanedatan:20170617135908j:plain

ガイドの方を先頭に、一列で公道へ出る。

ショップの目の前がビーチなので、ビーチ沿いを走る訳だが、これが気持ちいい。

すれ違う人もセグウェイ!と珍しそうにしていたりするし。

途中で公園にもより、ダイヤモンドヘッドをバックにガイドの方が写真を撮ってくれたり、30分のツアー予定が、時間をオーバーしながらも案内してくれました。

短時間ながら足の裏が実感疲れましたが、後半は割と慣れて安定した走行ができました。

f:id:tanedatan:20170617135937j:plain

ショップに戻り、簡単なアンケートを記入し、チップを支払いました。予想以上に楽しく、予定時間以上遊ばせてくれたので、少し多めに。

 

日本の公道では走れませんが、乗れる場所はいくつかあるので、気になった方は是非。

f:id:tanedatan:20170617140010j:plain

スポンサーリンク