たねだログ

アラサー機械設計士の記録です。

MENU

JTBオプショナルツアー① パラセイル

f:id:tanedatan:20170611151746j:plain

今回のハワイ旅行は3泊5日の短めだったので、日本で決められる事は決めてしまおうと考えました。現地で考える時間がもったいないからね。

そしてオプショナルツアーを3つ申し込んだ中の、パラセイル(パラセイリング)について紹介。

 

パラセイルとは?

海上で行なうマリンスポーツの一つで、パラシュートをモーターボートで引っ張り、帆の様に風を受け上昇するものです。

離発着は船上で行ない、パラシュートを操作する必要もないので簡単に体験できます。

体験してみた

運航業者はシーブリーズ。

集合場所が滞在しているホテル内でしたので、迷うことなく到着し、集合時間を少し過ぎたあたりで、現地の人が登場。名前を呼ばれアメリカっぽいミニバンに乗り込んだ。

ここから車でしばらく走り、ハワイカイ・ショッピングセンターに到着~。

「H2O SPORT」というお店で、免責事項にサインすると早速乗船。

一つ目のボートで海上の待機場みたいな所に到着。

日本人ばかりかと思っていたら、以外にも欧米や韓国の方もいらっしゃるのね。

 

しばらくしてゴムボートに乗り沖へ。

パラセイル用の船の近くで前のお客が終わるのを待っていると、船長が「カメカメ」と声を上げたのでなんだろう見てみると、海ガメが顔を出しているではないか。こんなに普通にカメに出会えるなんて。でもこちらに気づいたのか、すぐ潜って行ってしまった。

しばらくしてパラセイルを行うボートに乗り換え、ついに順番が来た。

ガイドの方は日本人慣れしていて、「ミギアシ」「ヒダリアシ」と簡単な日本語で説明してくれました。首から防水ケースに入れたiphoneを下げていて写真を撮りたかったので、そのまま飛ぶことに。

 

そしてパラセイルスタート!

パラセイルのロープの長さはガイドの方が調節するので身を任せ、船から足が離れるとどんどん高く上がっていく。結構いい勢い。

最初はちょっと怖いかと思ったけど、風が気持ちよく、景色も最高で楽しかった~。飛行が安定して繋がれているロープを見てみると、割と細くひ弱な感じで怖い要素復活。最後にボートに戻る前に海に落とされました。

f:id:tanedatan:20170611151822j:plain

また途中途中でガイドが一眼で写真を撮ってくれ、またパラセイルの前方に我々のリアクションを録画するGoProが装着されていました。これは船を下りた後、受付で買うか買わないか決められます。どちらも40ドル。

高いけどしゃーないてことで、写真だけ購入しました。

 

ちなみに、JTBで申し込みした際、チップは含まれているから不要とのことでしたが、いたるところにチップの文字があります。

パラセイルをした船から降りる前にガイドに渡している人もいましたが、高額紙幣しか持っていなかったので、ちょっと心苦しくもそのまま下船。

結構楽しかったので、気持ち的には10ドル程度渡してもいいと思います。

他にもバナナボートやジェットスキーも体験できるみたいで、楽しそうでした。

スポンサーリンク