たねだログ

アラサー機械設計士の記録です。

MENU

ハワイアン航空 エコノミークラスの乗り心地はどうなのか。

2018/5/3更新しました。

ハワイアン航空?聞いたことありませんでしたが、ハワイを中心に各拠点をつなぐ航空会社でした。そんなハワイアン航空での旅の様子をレポートしたいと思います!

f:id:tanedatan:20170610231046j:plain

 

キャビンの様子とアメニティ

特にハワイらしさは無く、いたって普通。CAさんはアロハシャツっぽいものを着ており、ここだけちょっとリゾート感。基本的には現地の人なので、あまり日本語は通じませんが、ドリンクサービス時に「お茶」くらいは通じます。また日本語がわかるスタッフも同乗していましたので、万が一でも安心ですね。

座席にはブランケット・枕(クッション)が置いてあり、着席後アイマスク・耳栓・イヤホンが支給されました。

また、シートは2-4-2の配置なので、二人組の場合は相方にどいてもらうだけでトイレにいける。隣が異国の人だと余計気を遣うので助かった。ちなみに僕は身長177cmですが、想定していたよりは窮屈ではなかったです。ただ帰りの機体の座席は壊れていたのか、シートを倒しても戻ってくるというハズレ座席。 

それよりも問題は気温でした。離陸後からどんどん寒くなり、半袖長ズボンで乗り込みましたが、途中からパーカーを着ていました。羽織る物を持って行って良かったー。間違って半袖短パンなんて格好だと風邪ひきます。帰りの機内で、通路挟んだ反対側にいた体格のいい方は半袖短パン姿でしたが、後半ずっと鼻水出してました。

またシートモニターですが、行きは新しい機体だったのかカッコよかったですが、帰りはちょっとボロかったです。内容はほとんど変わらない模様。

行きのモニター

f:id:tanedatan:20170610230359j:plain

映画は、美女と野獣やジョンウィック2、ラ・ラ・ランドなど新しい物から古い物までありました。ただ新しい物だと日本語が選択できないものも有り。 

国際線と言えば機内食

やはり一番気になるのは機内食ではないでしょうか。

これも出発前にネットで調べると、美味しくない・しょぼいといった声がありましたが、実際に出てきたのは割とおいしかったです。

行きの機内食はロコモコ?(つくねの様な味だった)とサラダとハワイのホノルルクッキー1個で、飲み物はジュースを頼みました。というのも英語聞かれ何があるのかわからず、とっさにジュースと言ってしまったから(笑)

f:id:tanedatan:20170610230828j:plain

数時間後、到着前に軽食の時間です。

今度はクロワッサン・マフィン・牧場の朝イチゴ味・キウイとミカンでした。

ミニ紙袋がカワイイのに、何も考えずゴミとして捨ててしまった。。。

f:id:tanedatan:20170610230800j:plain

帰りは離陸後、ルーの少ないチキンカレーの様なものと豆の炒め物が出てきました。

カレーはまあまあおいしかったですが、相方は豆の炒め物がいまいちと言って残していました。こんなものじゃね?って感じで普通に食べましたがね。慣れたこともあり、飲み物もガンガン頼んでました(笑)

f:id:tanedatan:20170610230940j:plain

ここでも到着前に、軽食としてサンドウィッチとチョコが出てきました。

f:id:tanedatan:20170610231002j:plain

まとめ

日本を発つ時、15000円で座席をアップグレードできますってことで、少し悩みましたが、エコノミークラスでも割とくつろげました。座り続けてお尻は痛かったですが。

また持参したネックピローは大活躍でした。

ネックピローと羽織る物があれば、快適に寝れると思います。行きの飛行機でいかに快適に過ごすかが、現地での活動に影響しますので、しっかり準備をしましょう。

www.taneda.info

スポンサーリンク