たねだログ

アラサー機械設計士の記録です。

MENU

自動車税が来ない場合の対応

私は通勤に使用していることもあり車は必須なのですが、やはり車はお出かけやら荷物運びやら便利ですよね。

f:id:tanedatan:20170521145840j:plain

車を持っている人であればご存じ、毎年5月になると自動車税の支払いがやってきます。毎年届くとわかっていながらも、実際に届くとげんなり。 

そんな自動車税の額ですが、排気量によって異なりますが、コンパクトカー等であれば34,500円程度となっています。大き目の車に乗っている人は5~6万円程度でしょうか。私も以前は5万円を超えていたので支払いのダメージがでかかった。

そんな今年の動車税の納付書は、通常5月上旬から順次送付されてくるのはずですが、5月中旬を過ぎても届きませんでした。

届くとげんなりするのに、届かないと不安になる。もういっその事廃止して欲しい。

 

しかも去年は来ていたのに、なぜ届かないのか。

考えられる原因は、引越ししかありませんでした。

前回は郵便局へ転送届を出していましたが、転送期間は1年間の為、今年は以前の住所に送付されてしまったのではないか。

車検証も変更していなかったので、間違いなさそうです。

 

さて、どうしようか。

とりあえずネットで調べてみると、自動車納税に関するコールセンターなるものがあるとのこと。

受付時間は平日の5時15分まで。

おもいっきりうちの会社の定時時間と被るので仕方なくお昼時間や、電話のできるタイミングでかけてみるものの、「混み合っててお繋ぎできません。しばらくこのままお待ち頂くか、再度かけ直してください」と。

1、2回ならまだしも、何度かけても繋がらない。

住所変更してなかったこちらが悪いので強くは言えないけど、この時期位はもう少し電話増やして欲しい。

きっと同じように届いていない人も結構いるんだろうな。

 

なんとかならないのかよく見てみると、一部の電話等繋がらない場合は管轄の窓口に直接電話してくださいとの記述があるじゃないか。

電話機に全く問題はないけど、繋がらないので早速電話してみると一発で繋がり、車のナンバー・氏名・住所を伝えるとすぐ対応してくれました。

(管轄は車検証や住所から確認できますので、確認してから連絡しましょう。)

やはり変更があった際は、後でやろうではなくその時にやるべきですね。

そして新しい納税書は、電話してからすぐ届きました。

 

自動車税の支払い期限は5月末までとなっております。

支払いが遅れると、延滞金が発生します。更に延滞し続けると、財産の差し押さえとなる可能性がありますので、忘れずに支払いを済ませましょう。

スポンサーリンク