たねだログ

アラサー機械設計士の記録です。

MENU

えらべる倶楽部の存在を思い出した

現在旅行に行く予定がある為、色々と安くできないか調べている中で会社の福利厚生の存在を思い出した。

それは「えらべる倶楽部」という物。

JTB ベネフィットが運営しており、その名の通り旅行代金の割引が出来たりする。

加入している企業によって、割引や対象が異なるらしいが、活用しない訳には行かないのでどんな物が使えそうか調べてみました。

 

旅行に使う

先に述べたように、企業によって内容が異なるようだが、一例として国内旅行では特別料金+補助金が出る。また海外旅行ではLOOK JTBのパッケージプランであれば5%安くなるようだ。

たかが5%であれ、海外旅行ともなれば数10万円かかることも普通なので、お土産代の足し位には十分なるでしょう。

ただ申し込みは店舗にて行わなくてはならないので、ネット予約できるじゃらん等の方が便利といえば便利。値段もどちらが安いかはその時次第かもしれないですが、調べてみる価値はありそうです。

レジャーで使う

冊子に使える店一覧があるのですが、全国のほんとに多くの場所で利用できます。

水族館・遊園地・観光農園の入園料割引など。

ディズニーランドでも使えるようなので、要チェックです。

映画で使う

有名映画館での鑑賞が大人通常1800円から500円引きとなる。

年数回までは更に補助が出る。

実際使ってみた際の手順ですが、

1、ネットで利用する映画館を選択し申し込む。

2、コンビニで代金を支払いチケットを入手。

3、映画館の受付でチケットを出す。

このひと手間で、数百円安くなるのは大きいと思います。

ただ、ネット上で席の予約ができないので、人気の映画はあらかじめ映画館に行って席を確保する必要があります。

他にも事前に申し込むことで、家に郵送してもらうこともできるようです。

飲食店で使う

こちらもレジャー施設に比べると使える店は少ないですが、それでもチェーンのお店などで使えます。

まとめ 

使い方がわからなかったり、使える店を知らないと結局使わずに忘れてしまう、まさに私のような状態になってしまいます。

会社の福利厚生とはいえ、会社がお金を払って加入している物なので、無理に使う必要はありませんが、使わないと損です。

そういえばうちの会社でもそんなのあったな、と思った方は是非冊子を探して活用してみてはいかがでしょう。

ちなみに私は、JTBで申し込んだ後にえらべる倶楽部を思い出したので、後からは無理かなと思いつつお店の人に聞いてみたところ、適用してくれました。

なんでも聞いてみるもんですね。

スポンサーリンク