たねだログ

アラサー機械設計士の記録です。

MENU

【2017年4月】アメリカ入国の為のESTA申請方法

海外旅行や出張でアメリカに行く際、電子渡航認証システムESTA)による渡航認証取得が必要になります。
ESTAの申請・取得には、料金として14米ドルかかるのですが、旅行会社に代理申請をお願いすると、某大手旅行会社で約6500円かかるので、今回自力で申請をしてみたいと思います。

尚、いつまでに申請が必要かというと、申請後72時間以内に承認されるようですが、万が一の為にも、あまりギリギリにならないうちに申請をしましょう。

それでは申請を始めます。

 

申請前の準備


・パスポート
・メールアドレス(G MAIL等でOK)
・働いている場合は、勤務先の住所・電話番号
・日本国内の緊急連絡先
・アメリカでの宿泊先住所・電話番号
・クレジットカード
ESTA申請・取得代金の支払いで、マスターカード・ビザ・アメリカンエキスプレス・ディスカバー (JCBダイナースクラブ)またはペイパルでの支払いが必要です。

 

どこから申請するの?


ESTA申請」で検索を行なうと、似たようなESTA申請サイトが出てくることがあります。
実はこれESTAの代行申請サイトで、自分で申し込みをしたと思っても、ちゃっかり代行料金を取られてしまうものになります。
米国当局のウェブサイトから手続きを行いましょう。

 

申請


申請者が1人の場合、「個人による申請」を選択し進めますが、家族分まとめて申請することもできます。
その場合は、「グループによる申請」で進めていきましょう。

 

①グループ作成
家族での申請を想定し、グループ作成から進めたいと思います。
まずセキュリティ通告を確認後、グループ申請の連絡担当者の情報を入力します。
担当者は18歳以上でなければなりません。
f:id:tanedatan:20170505143836p:plain

赤い星印は必須項目ですので、入力したら「操作の継続」をクリックします。
これでグループの作成は完了です。

登録したメールアドレスに「ESTA Group Information」という
メールが届き、グループIDが記載されています。
グループIDは後程必要になるので、メールを削除しないようにしましょう。

②申請
免責事項、参加国の確認をしたら必要事項の入力になります。
<申請者/パスポート情報>
パスポートを参照し、記載通りに入力していきます。
「性」、「名」、「性別」を入力します。

f:id:tanedatan:20170505143942p:plain

「他の名前または別称を使用していますか?』の項目は、
特に使用していなければ「いいえ」を選択します。

f:id:tanedatan:20170505144018p:plain

<別の市民権・国籍>
今現在、どこか他の国の市民あるいは国民か?
これまでにどこか他の国の市民または国民だったか?

こちらも特に使用していなければ「いいえ」を選択します。

f:id:tanedatan:20170505144114p:plain

<GEメンバーシップ>
事前承認済みの危険度の低い旅行者を優先的にアメリカに入国させる制度ですが、14歳以上のアメリカ国籍を保持が条件ですので、「いいえ」で問題ないでしょう。

<両親>
両親の「性」「名」をローマ字で入力します。

f:id:tanedatan:20170505144143p:plain

<あなたの連絡先情報>
住所、電話番号、メールアドレスを入力します。

f:id:tanedatan:20170505144156p:plain

<勤務先情報>
勤務経験があれば、「はい」を選択し、雇用主名、住所、電話番号を入力します。
子供・学生は「いいえ」を選択。

f:id:tanedatan:20170505144212p:plain

<米国での連絡先情報>
宿泊先情報を入力します。
ネットでホテル等の住所を確認し入力しましょう。

f:id:tanedatan:20170505144222p:plain

<米国内および米国以外の緊急連絡先情報>
日本国内での緊急連絡先を入力します。
私は父親を緊急連絡先にしました。

f:id:tanedatan:20170505144247p:plain

<適格性についての質問>
内容を確認し、選択していきましょう。
おそらく全て「いいえ」になるはずです。

f:id:tanedatan:20170505144257p:plain

<権利の放棄>
内容を確認し、2か所のチェックボックスにチェックを入れましょう。
これまでの内容を確認し、最後にパスポート情報を再入力して
一人分の申請が完了となります。

③支払い
全員の申請が完了したらら、「今すぐ支払う」を押します。
支払いが完了すると申請状況が保留中となり、問題なければ「認証が承認されました」となります。

これで無事ESTAの申請は完了となります。

わざわざ高い手数料を支払わなくても簡単に済ませられますので、自身での申請を行なってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク